埼玉ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

百地 慶彦 院長

YOSHIHIKO MOMOCHI

親知らずの困難症例に対応。保険診療でも妥協しない技術力と居心地の良さを

東北大学歯学部卒業。首都圏の歯科クリニックで研鑽を積み、フィオーレオーラルクリニックを開業。
特に親知らず治療の知識、実績が豊富で、他院で断られた親知らずの治療にも対応。患者さん一人ひとりの未来の口腔環境まで見据えた治療にこだわり、健康維持の一環としての口腔ケアにも対応している。

百地 慶彦 院長

百地 慶彦 院長

フィオーレオーラルクリニック

富士見市/東みずほ台/みずほ台駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

快適で安らげる治療環境で、保険治療を重視したあらゆる年代のお口の悩みを解決します。

百地 慶彦 院長

父が医療に関わる仕事をしていたこともあって、自然と医療系の仕事がしたいと感じていました。そこから歯科医をめざして歯学部に進学し、卒業後は都内や埼玉の歯科グループで研修医時代を過ごしました。幅広い知識や医療技術、症例に触れてとても勉強になりました。勤務したクリニックが親知らずの抜歯件数が多かったこともあって、親知らずの抜歯が得意になりましたが、親知らずについて更に学びを深めたいと思い研鑚を積みました。開業にあたりこの場所を選んだのは、出身地である仙台の町にどこか似ていると感じ、自分の故郷と近い感覚で過ごせる場所だと思いました。また、患者さんにとっても居心地良く過ごしていただけるクリニックづくり、という点で様々な工夫をしました。まずこだわったのは、トイレとパウダールームを分けたことですね。これは、メイク直しや歯磨きに気兼ねなく使っていただける部屋を確保したかったからです。歯磨きやメイク直しに専用の場所があれば、トイレで気まずい思いをする場面が解消できると考えました。治療室の仕切りを高く設けたのも個室状態で視線を気にすることなく治療を受けていただきたかったからです。設備面ではマイクロスコープや歯科CTなど、見えない部分にもアプローチできるような機器を揃えています。特に当院が得意とする親知らずの抜歯と根管治療には欠かせません。患者さんに最適な診療を提供するために、医療機器にも妥協したくなかったですね。

親知らず抜歯は3000本超。他院で断られた方もあきらめないで

百地 慶彦 院長

これまでに抜歯した親知らずは3000本くらいでしょうか。技術を高めても変わらないのは、目の前の患者さんの「未来の」口元を守るためにはどう治療したら良いのかを考えながら診療すること。一人ひとりのケースにしっかりと向き合って最適な治療を提供したいんです。患者さんで多いのは40−50代の方ですが、中には80歳後半の方もいらっしゃっています。虫歯だけではなく、クリーニングでお越しいただいていている方も多くご来院されています。予防や健康管理に対する意識の高い方も多いですね。また、最近では親知らずの抜歯で検索して遠方から来てくださる方も増えて来ました。他の歯科医院で親知らずの抜歯を断られたケースが多いので、当院の果たす役割は大きいと感じますね。

その方の未来から逆算して「今するべき治療」を提案

百地 慶彦 院長

当院が得意とする根管治療は住宅に例えると基礎工事に当たるもので、見えないけどとても大切な部分なんです。表面的に見えている部分だけを治したとしてもそれは本当の治療とは言えません。やり直しのない治療を提供するためには見えている部分をキレイにするだけでは難しいんですね。診療では見えない部分を治療する事が多いので、しっかりと説明するよう特に配慮しています。当院に来てくださる方の中には「他の歯科医で話を聞いてもらえなかった」という方もいらっしゃいます。そんな方にはしっかりと寄り添って話を聞くようにしていますね。そもそも「オーラルクリニック」という名称には「口元の健康をまとめて診ます」という意味を込めているんです。多くの場合は歯を残すことそのものが目的ではなくて「美味しく自分の歯で食べたい」「笑顔を保ちたい」という理由があるから歯を残したいんですよね。当院に来ていただける方には、口元の体操など手軽にできることで口の健康に意識を向けて「ここに来れば口元から健康になれる」と体感していただきたいですね。

「また来たい」と思える歯科医院に。通い続けて健康な口元を維持してほしい

歯科治療は「予防」が大切です。歯科医院には「虫歯になったら行く」「痛くなったら行く」というように何かしら症状が出たときだけ通う、という方も多いかも知れません。ただ、当院がめざすのは「健康的な口元のために通いたい」と思えるクリニック。歯の治療だけではなくて、口元全体のキレイを叶える提案をしていますね。たとえば、ほうれい線が気になる方には口元の運動を提案したり、クリーニングやホワイトニングにも対応したりと、治療とともにバランスの良いキレイな口元を目指す方にはおすすめです。国民皆歯科検診という流れもあるなかで「痛いから行く」のではなくて、定期的なメンテナンスというかサブスク的に患者さんの健康的な口元を保っていく立場、というのが歯科医の基本になるといいと思っています。美容室のように「また来たい」と言っていただけるようなクリニックになれたらいいですね。

これから受診される患者様へ

当院は東武東上線みずほ台駅より徒歩約2分のビルの2階にあります。駅チカの立地ながら一歩入った静かで落ち着いた通りに面しており、一見すると歯科医院とは思えないかも知れません。院内は患者さんの居心地の良さにこだわって作りました。エステサロンのような内装でありながら、保険診療を重視したクリニックであることも当院の特徴の一つです。
ご相談いただく方は他院で断られた治療の難しい親知らずにお困りの方も多いので、当院が最後の砦じゃないけれど、もう他のクリニックを巡らなくてもいいように、責任ある治療をしなければという緊張感はありますね。
ただ、患者さんにとって一番良い治療が受けられるのならば躊躇なく他院に依頼するようにしています。これまでに築いてきた歯科医師のつながりもありますし、自分自身が治療をお願いした信頼できる先生もいますので、どんな症状であっても一番良い治療ができるように一緒に考えていきたいですね。その方の今後の生活を考えたうえで、今できることと今するべきこと、逆に今はしなくても良いことなどをしっかり見極めてご提案いたしますので、気軽にご相談いただければと思います。

百地 慶彦 院長 MEMO

  • 出身地:宮城県
  • 趣味:家族旅行
  • 好きな本:アポロニア
  • 好きな場所:ハワイ
  • 好きな言葉:『No Rain, No Rainbow』

フィオーレオーラルクリニック 百地 慶彦 院長に聞いた
親知らず オヤシラズ

百地 慶彦 院長

親知らずの治療は早いうちに。未来の口元を左右する治療のタイミングは

親知らずは生える向きがバラバラで歯磨きが難しく、結果として歯茎が腫れたり虫歯になりやすいというリスクがあります。基本的な治療方法は抜歯をすることですね。抜歯をすれば親知らずそのものの問題を回避できますし、周囲の歯が虫歯になるリスクを減らせます。たとえ親知らずそのものに痛みがなくても、本来残すべき歯を良い状態で残すためには何をしたらいいのかを考えないといけません。また、親知らずの抜歯のタイミングは若くて体力がある時が良いと思います。抜歯のタイミングを逃し年齢を重ねた結果、他の疾患の治療薬を飲んでいて気軽に抜歯することができない場合もあります。できれば糖尿病や骨粗鬆症などの健康リスクが出る前で骨の柔軟性もある20代の間がいいですね。特に女性だと妊娠や出産など身体に関するライフイベントがあります。身体とライフステージを考えた時に女性は20代前半、男性は20代のうちがおすすめです。

グラフで見る『百地 慶彦 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION