埼玉ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

青木 かなえ 院長

KANAE AOKI

口だけでなく『身体の健康をトータルで』診て、「魅せられる歯」を目指す

松本歯科大学卒業後、10軒以上のクリニックで幅広い経験を積む。『エンジェル歯科クリニック』を開院して、現在に至る。

青木 かなえ 院長

青木 かなえ 院長

エンジェル歯科クリニック

所沢市/元町/西所沢駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●訪問歯科診療

長年、勤務医として子育てもしながら働いた後に開業へ

青木 かなえ 院長

医師を志したきっかけは母の言葉でした。私が小さい頃、手芸や編み物、図工など細かい遊びを器用にする様子をよく母が褒めてくれました。そして「歯科医師が向いているのではないか?」と勧めてくれたのです。誘導に引っかかったのかもしれませんが……(笑)。外で遊ぶよりもお家で遊ぶほうが好きでした。具体的に歯科医師を目指したのは、高校進学して17歳くらいの頃です。大学卒業後は勤務医をしていました。「女性」ということもあり、結婚や子育てを両立させるために、勤務医を選択するしかなかったのです。10軒以上の数多くの歯科医院で勤務医として経験を重ね、産前産後の育児休暇、また母の介護休暇も勤務医時代にとらせていただき、子育ての目途がたったところで開業に至りました。そういった背景もあって、他の先生に比べると開業までには20年くらいかかり遅咲きだったのです。逆にいうと普通より20年も長く勤務医時代を過ごし、いろいろな先生の良いところや悪いところを精査し、さまざまな経験を集めた形での開業なので、診療に大きく活かせていると感じます。

口だけでなく身体の健康をトータルで診る

青木 かなえ 院長

当クリニックの特徴は『トータル的に身体の健康まで考えていきたい』という点です。その上で口の中をきれいにする「審美的な要素」をお顔のバランスとあわせて診ていきます。そういった視点は女性にも喜ばれていますね。女性雑誌には「行きたいクリニック」として掲載されました。口元に自信がもてることや素敵な笑顔に導けるように、口腔ケアメニューを提案しています。そういったことを含めて重視している点は『保険内でも保険外でも徹底した口腔内のクリーニング』です。歯周病の予防を含めたクリーニング、お口の中を生き生きとした白い歯にすること。ホワイトニングをゴールとして、『日々のモチベーションを上げるためのホワイトニング=見せられる口、魅せられる口』といった、女性歯科医師ならではの視点で「歯のビューティー」にも力を入れています。

当クリニックのコンセプトは「3色のイス」で3つのブースに分けていることです。ご案内もスムーズでわかりやすくなっています。たとえば「オレンジ」なら小児歯科や一般歯科、「黄色」は美容審美クリーニング、「緑色」は高齢者向けで、入れ歯、口腔機能、誤嚥性肺炎を引き起こさないための口の体操、トレーニングなどを行います。

三人の子育て経験から子ども、保護者に寄り添う

青木 かなえ 院長

力を入れている診療の1つに『小児矯正』があります。小児歯科を重点的に診ていて外部からも専門医をお呼びしています。子どもの歯並びは必ず私自身がチェックして、矯正歯科の先生を紹介して対応していく仕組みです。

当院は0歳の赤ちゃんの診療も行っております。私自身3人の子育て経験者ということもあり、お子さんをむし歯にしないための予防、大人の歯に生え変わってからも予防を習慣づけること…など、小児歯科のご相談にもしっかりとお応えしております。
また、お母さんたちが集まるところで、赤ちゃんや妊産婦さんの歯の健康について「おはなし会」を開催したり、啓蒙活動、イベント、セミナーなどにも力を入れています。

セミナーや講演会で親御さんからよく質問されます。歯磨きをやらせてくれない、自分で磨いてくれない等々。いろいろな情報が出回っている昨今、そもそも情報が正しいのかも不安になってしまいますよね。気になることは遠慮なくご質問ください。我が家の子供たちも、同じ親から生まれたとは思えないほど3人それぞれお口の中の個性が異なります。診療においてもお子さんたちひとりひとりの性格を尊重し、治療方針や治療方法を考え、十人十色の対応を心がけております。そのおかげか、お母さんたちの信頼を得られていると感じております。

高齢者の診療にも力を入れる

高齢者歯科として「バリアフリー対応」をしています。『入れ歯』については基本的に保険のものを作って頂き、その後に必要ならば自由診療をお勧めしています。費用やクオリティは様々です。見えにくい入れ歯や柔らかい入れ歯など、いろいろな多種機能がついた義歯です。私自身も17年ほど母親の介護を行ってきた経験があり、母の総入れ歯、叔母の部分入れ歯をいくつも作ってきました。高次脳機能障害になった母の口腔ケアの経験があります。そういった自らの体験を含め、通院するのが困難である高齢者の方には『在宅歯科診療』も取り入れています。

実は入れ歯に関していうと、印象的なエピソードがあります。開院当時(15年前)に入れ歯を入れた方が15年ぶりに来院されて、「もう最高だよ、この入れ歯をもう1個ほしい」と言われました。15年間、全くびくともしていないというのです。歯の色が変わっただけの話で、もう1回、この入れ歯と全く同じものを作ってほしいと。ちょっと感動して嬉しかったですね。来院しなくなった患者さんというのは、当クリニックが気に入らずに通院をやめることもあると思っているので、「どうしたかな?」と思っている患者さんもいらっしゃいます。しかしそのような理由ではなく、入れ歯が合い過ぎていて来る必要がなかったという話を聞いて、ありがたいなと思いました。今でも15年前に開院してからの患者さんが定期的に来院してくださっています。エリアから見ても転入転居の人の流れが多い中、特に宣伝や媒体を利用していないにもかかわらず、当クリニックは古くから来院しつづけている患者さんたちの口コミで支えられているのが特徴です。

これから受診される患者さんへ

『エンジェル歯科クリニック』は、西武池袋線の「西所沢駅」から徒歩10分にあります。痛くなる前や何かが起きてからいらっしゃるのではなく、口腔ケアは美容院と同じ感覚で、定期健診をして管理していただくのがいいかと思います。お子さんは「フッ素」を塗って、永久歯がむし歯にならないようにしていくのですが、保険適用なので医療券をおもちのお子様はぜひご利用ください。

青木 かなえ 院長 MEMO

  • 出身地:飯能
  • 趣味&特技:スポーツクラブで運動すること、ダンス
  • 好きな本・愛読書:美容・アンチエイジングに関する本
  • 好きな言葉 座右の銘:笑顔元気本気根気
  • 好きな音楽やアーティスト:『ホイットニーヒューストン』『マライアキャリー』
  • 好きな場所・観光地:自然のあるところ
  • 出身大学:松本歯科大学

エンジェル歯科クリニック 青木 かなえ 院長に聞いた
ドライマウス[口腔感染症] ドライマウス

青木 かなえ 院長

なぜ『ドライマウス』になるの?

「ドライマウス」になる原因でいちばん多いのは、高齢者が服用している『お薬』がいっぱいあることによる「副作用」です。自覚している方もいるのですが、「もしかして薬の副作用ですか?」と患者さんから相談を受けることも。意外と歯科でドライマウスを相談するものだと認識されていません。

対処法は「唾液腺マッサージ」といって、セルフでできるので教えて実践してもらっています。それから「専用スプレー」や「ジェル」、「うがい薬」もあり、クリニックに揃えているところは多くあります。

「更年期障害」や「年齢」とともに唾液の分泌が少なくなってくるので、むし歯になりやすくなります。「自浄作用」といってよだれや唾液で口の中をきれいにする役割があるのですが、唾液が少なくなると「ばい菌」が停滞しやすくなるためです。また歯周病にもなりやすくなります。

『高血圧の薬』や『精神安定剤などメンタル系の薬』を飲んでいる方は、ドライマウスになっていることが多くあります。このようなことを歯医者さんに相談してもいいのかな?と、患者さんが思っていることの1つだと感じます。こちらからお声がけをしないと、それが原因で来院されることはありません。

グラフで見る『青木 かなえ 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION