埼玉ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

伊勢呂 哲也 院長

ISERO TETSUYA

「胃カメラ」検査は眠ったままで恐怖感なし!各種健康診断も充実!大宮駅近くのクリニック

名古屋大学医学部医学科卒業後、日本泌尿器科学会認定専門医を取得。泌尿器科・消化器科分野で研鑽を重ね、現在は大宮エヴァグリーンクリニック、東京泌尿器科クリニック上野、池袋消化器内科・泌尿器科クリニックの3クリニックを経営。著書に『独立を考えたらまっさきに読む医業の承継開業』『僕らは生まれ変わってもまた「泌尿器科医」になる』がある。

伊勢呂 哲也 院長

伊勢呂 哲也 院長

大宮エヴァグリーンクリニック

さいたま市大宮区/下町/大宮駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●消化器内科
  • ●胃腸内科
  • ●肛門科
  • ●泌尿器科

消化器内科・泌尿器科専門クリニックを『大宮駅』に開院

伊勢呂 哲也 院長

医師を目指したきっかけは中学生の時に骨折をして、診察をしてくれた研修医が格好いいと思ったことがきっかけです。さらに、もともと理系科目が得意で良い成績であったことや、当時は不況であったこと、親の勧めもあって資格取得を目指したいと思っていました。名古屋大学医学部医学科を卒業して、頭も手(オペ)もよく使う外科系に興味が募ったため、泌尿器科専門医を取得。さらに勤務医として泌尿器科・消化器科分野で研鑽を重ねて経験を積みました。2019年に『大宮エヴァグリーンクリニック』を継承。その後、東京泌尿器科クリニック上野、池袋消化器内科・泌尿器科クリニックを開院しました。

もともと開院したいと思って病院を探していたところ、当クリニックとご縁がありました。先代である高木元院長の「大宮で暮らす皆様に寄り添った地域医療を」という想いを、現在も受け継いでいます。『大宮エヴァグリーンクリニック』を継承した後、上野と池袋に展開した理由は、大宮で多くの患者さんを診察してきて、泌尿器科の需要がとても高いことに気づいたためです。例えば、消化器に罹った患者さんが今度は泌尿器科に罹って、次に内科に罹っていくというループがあるんです。泌尿器科の受診時に消化器内科の需要も同時にあり、当クリニックを一度受診いただいた患者さんは気に入っていただくことが多く、再び来院してくださっています。今後も患者さんの大切なご家族やご友人にも紹介したい、と思って頂けるようなクリニックを目指していきたいですね。

胃カメラ検査は『苦しまずに、眠ったまま』行う

伊勢呂 哲也 院長

当院は『泌尿器科』と『消化器科』を専門とするクリニックです。超音波検査、上部消化管内視鏡(胃カメラ)を導入しているので、しっかりとした検査ができることが特徴です。『胃カメラ』を受ける前というのは「怖いな」「嫌だな」といった恐怖心がある方も多いのではないでしょうか。「胃カメラを飲むのは痛みを伴う」というイメージがあるかもしれませんが、それは一昔前の胃カメラ技術によるものです。当院ではそういった不安や恐怖をなくすため、胃カメラ検査は『苦しまずに、眠ったまま』行うことができるのも特徴です。そのため、これまで苦手意識のあった方でも楽に検査することができ、当院で検査を受けた多くの方が「全く痛くない」と驚かれます。

もう1つの特徴としては『プライバシーの配慮を徹底していること』です。泌尿器科に行くことに抵抗があったり恥ずかしいと感じたりして、電車を乗り継いで遠くの病院へ行く方もいらっしゃいます。そのような患者さんを配慮して、クリニック内では患者さん同士が顔を合わせずに済むように一つ一つの席には仕切りを設けています。また、全ての患者さんをお名前ではなく、番号でお呼びしていますのでご安心ください。今後も安心して通えるクリニック、プライバシーを配慮した居心地のいいクリニックを目指します。

患者さんの話をよく聞き、わかりやすい説明を

伊勢呂 哲也 院長

患者さんの年齢層は高齢者が多いものの、男女6:4くらい、20代~80代までの年齢層でまんべんなくいらっしゃいます。高校時代にアメリカに留学していたこともあり、大宮エリアで生活する外国人の方にも安心して頼りにされるクリニックを目指しています。『大宮駅』徒歩5分というロケーションは、患者さんにとって利便性が高いのではないでしょうか。また人目を気にして遠方から通う方が多くいらっしゃるので、多くの路線が行き交う『大宮駅』であることも大きなポイントですね。

診察の際に心がけていることは、一方的に医者から説明するのではなく、なるべく患者さんの意見を引き出すようにしています。そのために患者さん自身が言いたいことを全て言えるように、しっかり患者さんのお話に耳を傾けることを心がけています。特に医療用語は難しいイメージがあるかと思いますが、できるだけ専門用語を使わずに、みなさんがわかるような言葉で、わかりやすい説明をするようにしています。また当院スタッフ一同はホスピタリティーをとても重要視しており、患者さんが検査・治療に満足して帰っていただけるように心がけております。来院時に疑問に思ったことや診察に関してのご質問などございましたら、なんでもお気軽にお尋ねください。

『各種健康診断』の実施

当クリニックでは、疾患や異常を少しでも早く発見して、できるだけ早く対処できるよう、健康診断・人間ドックなど『各種健康診断の実施』に力を入れています。450社以上の企業検診、企業ドック、一般の方向け健診、人間ドックなど、快適に受けていただけるような健康診断を行っています。健康診断により何か病気が見つかった場合にも、専門医がしっかり対応できるので安心です。

ところで当クリニックでは、最近よくあるような、処方箋のみをお渡しする「お薬だけの診療」は行っておりません。いわゆる、コンビニのようなクリニックというのもありかもしれませんが、当院では超音波検査や上部消化管内視鏡(胃カメラ)を導入しているため、困った症状の人たちに、しっかりとした検査をして、その後の治療方針を立てられるようにします。泌尿器科、消化器内科の2つの専門で診ることができるため、多くの患者さんが抱える症状に対して網羅できない疾患はほとんどありません。

今後も各種健康診断や検査、その後の治療方針もしっかり立てていき、『地域に愛される、大宮にこのクリニックがあるから安心だ』と思ってもらえるクリニックを目指していきたいです。

これから受診される患者さんへ

『大宮エヴァグリーンクリニック』はJR線「大宮駅」東口から徒歩5分にあり、公共交通機関でのアクセスがとても便利です。お車でお越しの際は、提携している駐車場の無料券(1時間分)をお渡ししています。

当院は内科、消化器科、泌尿器科、外科、肛門科を診療するクリニックでありながら、総合病院のように検査設備が整っており、症状に対してしっかりと治療方針を立てていきます。クリニック内はプライバシーを徹底的に配慮しているので、待合室では患者さん同士が顔を合わせずに済み、全ての患者さんを番号でお呼びしていますのでご安心ください。前立腺肥大、頻尿、げっぷ、胸焼け、胃もたれ、性病など、何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。


※上記記事は2022年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊勢呂 哲也 院長 MEMO

泌尿器科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ランニング、筋トレ、ゴルフ、食べること
  • 好きな作家:稲森和夫(実業家)
  • 好きな映画:『ショーシャンクの空に』
  • 好きな音楽やアーティスト:Mr.Children
  • 好きな場所・観光地:シティホテル、衣食住など『環境』にこだわりがある
  • 好きな言葉・座右の銘:行動しないと何も始まらない

大宮エヴァグリーンクリニック 伊勢呂 哲也 院長に聞いた
尿管結石 ニョウカンケッセキ

伊勢呂 哲也 院長

『痛みの王様』といわれるほど激しい痛みが・・・

症状は『痛みの王様』といわれるほど激しい腰痛があり、主に片方の腰、脇腹に見られます。また血尿などの症状が出ることもあります。痛みは24時間継続することはなく、数時間後、1日経過後に痛みが再び襲ってくることも。痛みに耐えられず救急車で運ばれる患者さんもいて、その人の性格を変えるくらい強い痛みが特徴です。

原因は腎臓でつくられた結石が尿管内に落ちるときに、尿管を傷つけてしまうことにあります。尿管結石によって、上流からの尿がせき止められて、尿が下に流れなくなります。そうすると、どんどん尿が溜まって、尿管や腎臓などにあふれて、風船のように膨張していきます。その時の腫れが腎臓を圧迫し、片側の腰の痛みとなって現れます。

尿管結石の原因は①水分不足➁遺伝的に罹りやすい➂生活習慣病によるものです。高血圧、糖尿病、高脂血症になると、尿管結石に罹りやすいといわれています。男女比では2:1と男性に多くみられますが、生活習慣病が元になっていると考えます。

治療法は①結石が5ミリ以下なら水分をたくさん取り、排石を促進する内服薬によって、自力で体外に排石をする。➁出ない石に対して体外衝撃波で結石を破壊し、細かく砕かれて自力で排石をする。➂尿管結石に直接レーザーを当てて粉砕する。

予防法は水分摂取(一日あたり1500ml以上)や生活習慣病予防、適度な運動が大切です。

グラフで見る『伊勢呂 哲也 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION